長寿の木と親しまれた桑の木、お茶はの時間に縁起が良くて不老長寿と昔から言われた桑造りの急須で格別な味わい。
「和みいちばん」時代を超えた伝統の和雑貨、心を癒すふる里の民芸
トップ頁へ商品一覧お支払・送料よくある質問お問合せ会社概要カートを見る会員頁へログイン
大館曲げわっぱ 桜皮(かば)細工 会津桐細工 木曽漆器 丹後ちりめん
HOME > 庄川挽物 > 侘び・さび 茶器 ) 長寿の桑(くわ)造り拭き漆急須

木の温もり庄川挽物
水のめぐみ森のめぐみの挽物細工

Back
   
庄川挽き物

長寿の桑の木桑造り拭き漆の急須 送料無料

木肌がやさしい縁起の良い長寿の桑の木挽き物作りの急須
お茶は生活必需品!仕事前にお茶を一杯、三時の休憩にもお茶一杯でリフレッシュです。日本人がお茶を飲むようになったのは、奈良時代に仏教とともに伝来したのが始まりで、始めは茶の葉を潰し茶せんで撹拌した抹茶でした。江戸時代に入りお茶を蒸し揉んで仕上げる煎茶の飲み方が普及し現代に受け継がれています。
煎茶の道具に急須は欠かせません。急須では中国の陶製に習い万古焼、常滑、信楽、益子などの有名産地がありますが、森林に恵まれたわが国では木の挽き物急須が日用用具として使われました。桑造り急須は、とても縁起の良い急須です。
高級素材で多様な効用桑の木、拭き漆の急須
挽き物造りの急須シリーズ
挽き物造りの急須シリーズ
不老長寿の縁起の良い桑造り
古民家の大きな急須
古民家の大きな急須
古い民家を訪ねると、丸太のような巨大な挽き物造りの急須がありました。今は少人数で使われていませんが木肌がピカピカ輝いています。
昔から長寿の木と親しまれたこの”桑造りの急須”は少人数用で、湯呑(大)で1杯少々、玉露の湯呑で4〜5杯です。
桑の木急須の魅力は、その樹液を生かしたお茶の飲み方です。昔から桑の木を用いた木の器や箸などは不老長寿の縁起の良いものとされてきました。
縁起の良い急須であじわう緑茶は、格別な一杯のお茶です。
ねばりがあって割れに強く、実用品としても優れた桑の木
桑の木湯呑(大)木地作りと桑造り拭き漆の急須
桑の木湯呑(大)木地作りと桑造り拭き漆の急須
日本全国の山々に自生する山桑ですが、その蓄積は大変少なくなりました。しかしその用途の広さ、経済的な価値は少なくありません。桑の木の年輪は極めて明瞭です。ねばりがあって熱湯など注いだ時の年輪からの割れに強く、湯飲みや急須にとても優れた素材です。昔の知恵は、桑の木の薬理的な効用だけでなく実用品としても優れた素材であることを教えています。
樹液を促す無塗装の内側、広い注ぎ口
急須の中は樹液を生かす無塗装仕上げ
急須の中は樹液を生かす無塗装仕上げ
外側も底も表面は拭き漆塗り
外側も底も表面は拭き漆塗り
桑造りの急須は、桑の樹液が浸み出しやすい急須の中は無塗装です。桑の木はねばり強く熱湯でも割れにくい強さがあります。注ぎ口は広いのは片手で注ぎ易く、実用性を追求したデザインになっています。
木には保温効果と断熱効果があり、又陶器の急須に比べて軽く、直接手で触ってお茶を注げます。
縁起が良い味わい深い桑造り急須
桑(くわ)造り拭き漆急須
桑(くわ)造り拭き漆急須
インフォメーション
■品名 長寿の桑(くわ)造り拭き漆急須
■製作 ・材料は桑の木、拭き漆塗り、内側は無塗装です。中にステンレス製の茶こしが付いています。
・注ぎ口が広く、注ぎ易くしています。
■製造 礪波市庄川町 但田木地工房
■サイズ
高さ8.5×12.0(注ぎ口含む)×10.5cm(重さ165g)
■容量 約140cc。湯呑(大)で1杯強、玉露湯呑で4〜5杯
■備考 ・持ち手は写真のようについていません。(木の断熱効果で急須に直接手で触れます)
・化粧箱入り
line
桑の木について
山桑の実
山桑の実
桑の産地は北海道から九州まで全国に自生していますが、木材としての蓄積が極めて少なく、高級で高価な素材になっています。用材として床柱・茶棚・仏壇・座卓・碁器・襖・額縁など高級装飾的なものに使われます。桑の用途は広く、桑茶、果実は食用薬用又樹液は高血圧症によいと言われるタンニン酸を豊富に含み、昔から長寿の木と呼ばれています。山の植林は杉などの針葉樹中心ですが桑の経済的効果が見直されるのも近いと思われます。小動物には格好の餌となる葉や実をつけ、冬には葉が落ち山の保水力にも役立ちます。
  お茶道具に使えば、ねばり強くて割れにくく、縁起の良い器として一石二鳥の生活用具です。
line
煎茶の起源インゲンマメの隠元さん
インゲンマメの隠元さんと親しまれた中国福建省生まれの高僧隠元禅師は、1654年(江戸初期)中国から渡来し、日本にさまざまな中国文化をもたらしました。煎茶の喫茶も隠元さんの紹介といわれます。
中国では大明帝国が急速に衰退し、北方から満州族が南下し、1644年万里の長城を突破し首都北京になだれこみました。 清国の誕生です。歌舞伎や浄瑠璃で人気を博した近松門左衛門の「国性爺合戦(こくせんやがっせん)」の主人公和唐内のモデルになった明の鄭成功は、明朝復興にかけ激しく抵抗していた時期です。
鎖国政策をとっていた江戸幕府ですが、一方では異文化に対するあこがれを持っていました。
隠元たちのもたらす文化は魅力的です。そして黄檗禅の寺の建立に江戸幕府が力を貸すことになります。
「山門を出づれば日本ぞ茶摘歌♪」
宇治の黄檗山万福寺を謳ったこの句は、茶所宇治の様子がうかがわれます。
隠元さんによって庶民に煎茶の文化がひろがってきました。
line
縁起の良い桑造り急須
注ぎ口の広い桑造り急須
注ぎ口の広い桑造り急須
◆昔から長寿の木と親しまれた桑の木です。器に使うと不老長寿と言われ縁起の良い急須です。
◆木肌や木目を生かす拭き漆塗り、木は触っているだけで温かく、木目や木肌に癒しの効果が有ります。
◆木には保温効果と断熱効果があります。手に触って優しく冷めにくいお茶が美味しくとても実用的です。
ゆったり落ち着お茶のひととき木の急須
line
長寿の桑造り拭き漆急須
長寿の桑造り拭き漆急須
品名:長寿の桑造り拭き漆急須
品番:e1-12-01
商品価格:15,120円(税込)送料無料
 

欅(けやき)造り拭き漆急須
欅(けやき)造り拭き漆急須
品名:欅(けやき)造り拭き漆急須
品番:e1-12-02
商品価格:12,960円(税込)送料無料
 

line
拭き漆(スリ漆)について
漆は古代から使われる自然系100%の優れた塗料です。酸、アルカリ、塩分、アルコールに侵されず、耐水性、断熱性、防腐性、抗菌作用にすぐれています。拭き漆は、生漆(きうるし)を何度も木地に摺り込むもので、すり込む度に和紙で余分な漆を拭き取るため”拭き漆(うるし)”と呼ばれます。木の肌合いや木目を生かす素朴な味わいの塗り方です。
基本の色合いは茶系ですが、漆の吸収が染み込んだ部分は黒味がでてきます。均質な色合いの塗にはならない事をご了承おねがいいたします。
欅(けやき)は拭き漆に良く発色しますが、桑の木も劣らずとても落ち着いた色合いです。この急須は内側が無塗装にし、樹液の成分をお茶に馴染ませています。
line

木の温もり木の癒し 庄川挽物

水の恵み森の恵みの挽物細工 お茶道具:本体価格(+税)
4,500
5,000
5,500
6,500
14,000
12,000
14,600
5,000

   
3,000      
line
和みいちばんはご縁を大切にします

和みいちばんはご縁を大切にします。

毎月7日・5日・3日は和みの日
毎月7日、5日、3日は”和みの日”。ありがとうの感謝、ついてるの幸せの日にお答えし、3日・5日・7日にご購入頂きましたお客さまには、バーゲンセール商品を価格10%OFFでご提供致します。ご購入確認メールでお知らせします。お見逃しなく。
お支払方法 ・クレジット/銀行振込/郵便振替/代金引換の方法があります。
・郵便振替の手数料は小社にて負担します。その他のお支払方法の場合、手数料はお客さまのご負担となります。
配送方法 ・送料は全国一律630円(但し1万円以上のお買い上げは送料無料)
・商品の発送はカード決済の完了後または前払い金の入金確認後3営業日以内に発送いたします。
・在庫切れまたは特別な事情により発送できない場合は、メール等で事前に連絡いたします。
・郵便振替の場合、弊社での入金確認は、お客様の振込み後約2日間の期間が必要となります。あらかじめご了承の程よろしくお願いいたします。
返品について ・ご購入後の返品は承ります。当店商品の事由による返品送料は小社で負担します。
返品のご希望は商品到着後1週間以内にお申し出ください。
なおご使用済の商品は返品できませんのであらかじめご了承をおねがいします。
返品をご希望の場合、店舗責任者まで相談をおねがいします。
h-kato@nagomi1ban.com(店舗責任者加藤久満)
個人情報について ◆「和みいちばん」のお約束◆
当店ではお客様からお預かりした大切な個人情報(住所/氏名/電話番号など)を、メルマガ(商品情報、イベント情報のご提供)、お礼等のご挨拶、配送作業以外に第三者に渡したり、悪用したりする事は決してございません。
・当店の 「個人情報管理者」は店舗責任者加藤久満が担当いたします。
お問い合わせ ・お問合せ先
インターネットタウン株式会社
〒251-0034神奈川県藤沢市片瀬目白山3番5号
電話番号0466-28-8026(受付時間9:00〜18:00 土日祝休み)
FAX番号0466-28-5161(24時間受付)
・店舗責任者兼個人情報保護管理者(加藤久満)のメール
h-kato@nagomi1ban.com(なんでも気軽に連絡ください)
line

▲ページトップへ
商品ページを見る  和みいちばんへのお問い合わせ
▲TopPage
Copyright (c)和みいちばん Internet Town Corporation. All Rights Reserved