It remains as a must-have for a boy's first Tango no Sekku Festival
「和みいちばん」時代を超えた伝統の和雑貨、心を癒すふる里の民芸
トップ頁へ商品一覧お支払・送料よくある質問お問合せ会社概要カートを見る会員頁へログイン
 HOME  >  Hariko Tiger
Hariko Tiger
Japanese
It is an animal doll for Tango no Sekku when Japanese parents pray for
their son's healthy growth.
Hariko tiger has the power to ward off the evil and prevent diseases to spread.
In Japan, the fifth of May is traditionally known as Tango no Sekku.
It's a day to pray for healthy growth of boys.
In households across Japan, parents display armour suits, dolls modeled after legendary warriors, and other dolls and wish their sons will grow strong.
The other dolls displayed includes Hariko Tiger especially in the western Japan.
People felt something dignified in the tiger figure and believed that it has the power to ward off the evil and prevent diseases to spread.

It is also known as a lucky charm for victory
Hariko Tiger
Hariko Tiger
it remains as a must-have for a boy's first Tango no Sekku Festival
 The technique of “hariko” (papier-mache) originated in China and introduced to Japan during the Azuchi-momoyama period (1568-1600).
During the Edo period (1603-1867), actual Hariko making in Japan started in Osaka and Kyoto, which were the economic and culture center of Japan at that time, and spread mainly in the western Japan.
 
 Hariko tiger is a tiger doll whose head swings when touched by a finger.
The way of making Hariko Tiger is still the same as back then.
First, you apply layers of Japanese paper on to the wooden mould of tiger.
After the glue get completely dry, you cut into the paper with a knife and take the mould out.
After that, you coat it with a clean sheet of Japanese paper.
You put a little heavy oil clay on its neck so that the tiger shakes its head nicely.
They are painted and a white moustache is attached to them as the finishing.
 
 During the time we didn't have materials like plastic or nylon, they became popular and widespread in the country as they were light, strong, safe for children and affordable.
 
 Hariko Tiger is believed to have the power of keeping evil spirits away and preventing disease.
When a child went through a cardiac surgery, his mother gave him a Hariko tiger and whished him good luck.
The story moved us.

 
 Hariko Tiger is also known as a lucky charm for victory
Interestingly, when a local election starts, it sells well.

The treasury of a local toy, Shimane Prefecture
The treasury of a local toy, Shimane Prefecture
Local toy "Anesama doll"
Local toy "Anesama doll"
 This Hariko Tiger was made in Izumo region in Shimane Prefecture called treasury of a local toy.
Even today, it remains as a must-have for a boy's first Tango no Sekku Festival in this area.
line
The Hariko Tiger was made in Izumo region
Hariko Tiger(1)
張子虎(新大虎)
Hariko Tiger(2)
14,688yen
12,960yen
4,428yen
line
Hariko Tiger(3)
Hariko Tiger(4)
Hariko Tiger(5)
3,132yen
1,425yen
1,188yen
line
<英文和訳>
5月5日は端午の節句でこの日は、男の子の無事成長を祈る日です。
家庭では、鎧兜や伝説的な武者人形を飾り男の子が強くなるようにと願います。
それらの中に、張子虎が、特に西日本で飾られています。
虎の姿に威厳を感じ、邪悪を寄せ付けず、病魔退散の力を感じました。
 
張子細工の技術は、中国を発祥とし、安土桃山時代に日本にやってきました。
張子の製作は、江戸時代にその当時文化・経済の中心都市であった大阪、京都で始まり 西日本に広がりました。
 
張子虎は、首振り型の人形です。
作り方は昔も今も変わっていません。
木の型に、和紙を何枚も貼り付けます。
乾いた所で、小刀で貼った和紙を切り、中の木型を取り出します
更にきれいな和紙で貼り付けます
首の個所には、やや重い油粘土を張り付け首振りのバランスを取ります。
それらは色づけされ、最後の作業で威厳のある白い髭をつけます。
 
プラスチックやナイロンのない時代に、軽くて、強くて、安全で、広く受け入れられて人気となり
広がって行きました。
 
張子虎は、悪霊を近づけず、病気を防ぐ力があると信じられています。
心臓病の手術を受ける時、母は子供に張子虎を与え、無事を祈りました。
私たちは心を打たれました。
 
張子虎は、又勝負に強いことも意味します。
興味深いことに、もし地方選挙が始まると、それが良く購入されます。
 
この虎は郷土玩具の宝庫と言われる島根県出雲地方の物です。
現在でも、この地域では、初節句に欠かせないものとして残っています。
 
line
和みいちばんはご縁を大切にします

和みいちばんはご縁を大切にします。

毎月7日・5日・3日は和みの日
毎月7日、5日、3日は”和みの日”。ありがとうの感謝、ついてるの幸せの日にお答えし、3日・5日・7日にご購入頂きましたお客さまには、価格10%OFFでご提供致します。ご購入確認メールでお知らせします。お見逃しなく。
お支払方法 ・クレジット/銀行振込/郵便振替/代金引換の方法があります。
・郵便振替の手数料は小社にて負担します。その他のお支払方法の場合、手数料はお客さまのご負担となります。
配送方法 ・送料は全国一律740円(但し1万円以上のお買い上げは送料無料)
・商品の発送はカード決済の完了後または前払い金の入金確認後3営業日以内に発送いたします。
・在庫切れまたは特別な事情により発送できない場合は、メール等で事前に連絡いたします。
・郵便振替の場合、弊社での入金確認は、お客様の振込み後約2日間の期間が必要となります。あらかじめご了承の程よろしくお願いいたします。
返品について ・ご購入後の返品は承ります。当店商品の事由による返品送料は小社で負担します。
返品のご希望は商品到着後1週間以内にお申し出ください。
なおご使用済の商品は返品できませんのであらかじめご了承をおねがいします。
返品をご希望の場合、店舗責任者まで相談をおねがいします。
h-kato@nagomi1ban.com(店舗責任者加藤久満)
個人情報について ◆「和みいちばん」のお約束◆
当店ではお客様からお預かりした大切な個人情報(住所/氏名/電話番号など)を、メルマガ(商品情報、イベント情報のご提供)、お礼等のご挨拶、配送作業以外に第三者に渡したり、悪用したりする事は決してございません。
・当店の 「個人情報管理者」は店舗責任者加藤久満が担当いたします。
お問い合わせ ・お問合せ先
インターネットタウン株式会社
〒251-0034神奈川県藤沢市片瀬目白山3番5号
電話番号0466-28-8026(受付時間9:00〜18:00 土日祝休み)
FAX番号0466-28-5161(24時間受付)
・店舗責任者兼個人情報保護管理者(加藤久満)のメール
h-kato@nagomi1ban.com(なんでも気軽に連絡ください)
line
▲ページトップへ  
和みいちばんへのお問い合わせ
 
▲TopPage
.
Copyright (c)和みいちばん Internet Town Corporation. All Rights Reserved.